スポーツ傷害

 当院ではスポーツによるケガ痛みの治療をおこなっております

 

ジュニアアスリートからアスリート、スポーツ愛好家など様々な年代のスポーツを行っている方たちの身体のケアや競技復帰の為のトレーニング・怪我の再発予防の為のアイシング指導・ストレッチ指導などを行いサポートしております。

 

スポーツ傷害とは

⇒野球などで投球時に肩関節・肘を負傷

⇒バスケ・バレーボールなどでジャンプ着地時に人の足を踏み足首のねんざ

⇒バレーボールで指にボールが当たり突き指

⇒体育のとび箱で着地を失敗して背中を強打

⇒陸上で走っている時にスネ(下腿)が痛くなった

⇒ゴルフでスイングをした時に肋骨が痛くなった

⇒グラウンドゴルフで歩いている時にひざを捻った 等

初期治療から競技復帰までサポート

応急処置

・骨折では負傷した時に骨の変形を生じることがあります。その変形を応急的に整復(正しい位置に戻す事)をして患部の外固定(ギプス固定など)を行います。

 

・脱臼では負傷した関節がはずれた状態にあります。患部を整復し患部の外固定(三角巾固定など)を行います。

 

※整復とは⇒解剖学的に正常位置にない骨や関節を整復操作で正常な位置に戻す行為を言います。

 

初期治療

・患部の腫れを抑えるためアイシング(冷却)

・患部の疼痛(痛み)を抑えるための疼痛管理

・患部に負担が加わらないように患部の管理

・外固定(ギプス固定)などの固定の管理

 

※初期治療が適切に行われないと、痛みが長く続いたり・腫れが残るという事もありますのでご注意ください。

 

機能回復リハビリ

・患部の痛みや腫れを取り除くために一定期間は患部を固定します。その後の機能回復リハビリでは固定による筋力低下や関節可動域制限を最小限に抑えるためのリハビリをおこなっていきます。(自動運動・マッスルパンピングなど)

 

・機能回復リハビリの中頃から後半では運動療法も取り入れてPNFやアウフバウ・バランス系のトレーニングをおこないます。また、競技復帰に向けても徐々にスポーツ現場で馴らしていきます。

 

リコンディショニング

この頃から徐々に競技への筋力アップや柔軟性アップ・神経系強化のトレーニング等を行います。

 

※骨折・脱臼の方は応急処置の後に連携している整形外科をご紹介しますので精査を受けてください。

 

施術対応可能な主なスポーツ競技・運動

 野球・サッカー・ゴルフ・フットサル・ハンドボール・ラグビー・バスケットボール・バレーボール・水泳(競泳・水球)・陸上(短距離・長距離・幅跳び・高跳び・ハードルなど)・テニス(硬式・軟式)・バドミントン・柔道・剣道・空手・グラウンドゴルフ・体操・サーフィン・スノーボード・バレエ・ダンス 等

 

主なスポーツ医学におけるスポーツ障害・外傷

野球肩・野球肘・水泳肩・肩関節脱臼・鎖骨骨折・テニス肘・腱消炎・オスグットシュラッタ―病・ジャンパー膝・半月板損傷・膝靭帯損傷・ランナー膝・肉ばなれ・アキレス腱炎・シンスプリント・腓骨筋腱炎・後脛骨筋腱炎・足底筋膜炎・オーバーユースシンドローム・疲労骨折・腰部痛