応急処置

応急処置には4つの原則があり、それぞれ4つの原則の英語の頭文字をとってRICE処置と呼ばれています。ケガの直後に適切に行うことでケガの悪化を防ぎ、ケガの治りを早めることができる為、とても重要な応急処置です。

 

Rest(安静)

ケガの直後から患部を安静にすることで、ケガの悪化を防ぎ、ケガの治りを早めることができます

Ice(冷却)

患部を冷やすことで痛みを軽減させ腫れや炎症を抑制させることができます

・ケガをして冷却を早く始めれば痛んだ組織の回復にも効果があるので、冷却は早ければ早いほうが良いです

 ・冷却で使う氷は一度、水に浸してからビニール袋に入れて使用して下さい。水に浸す事で凍傷になるのを防ぎます

Compression(圧迫)

適切な圧迫を患部に与えることで腫れや炎症、内出血を抑える事ができます

Elevation(挙上・高挙)

患部を心臓より高い位置に挙上することで腫れや炎症、内出血を抑制することができます

RICE処置

 ・RICE処置は15~20分が目安になります。15~20分RICE処置を行ったら40~60分の間隔を空け再度、RICE処置を行っていきます

 

・ケガをされて24時間~72時間はこのサイクルを繰り返して下さい