骨は体重を支える役割と内臓を保護する役割があります。

人の身体には206個の骨があり、頭蓋骨29個、背骨(脊柱)26個、肋骨・胸骨25個、肩・腕・手64個、骨盤・脚・足62個に大きく分けることができます。これらの骨が骨格をなし身体の骨組みとなり、内臓を保護するのです。